あさひワークホームの概要と沿革

 航空写真

概要の部

 ●設置者:山 梨 県
 ●運営者:社会福祉法人 山梨県障害者援護協会 (旧:社会福祉法人 山梨県身体障害者援護協会)
 ●設 立:昭和58年(1983)4月1日
 ●敷 地:30,000u(県有地)
 ●建 物:2,055.5u(内作業棟355.5u)
  ○管理棟―事務室,会議室,宿直室,指導員室,医務室,厨房,食品庫,調理員休憩室,食堂,事務倉庫,機械室,トイレ
  ○居住棟―居間(4),居室二人部屋(25),浴室,生活倉庫,リネン倉庫,通所者ロッカー室,トイレ(2)
  ○短期入所棟―居室二人部屋、居室一人部屋、機能回復訓練室、トイレ
  ○作業棟―第一作業棟,第二作業棟,トイレ
 ●所在地:
〒407−0046 山梨県韮崎市旭町上条南割3294
     甲府市の西方約15キロ、JR中央線韮崎駅よりタクシーで約15分
 ●電 話:0551−22−7444
 ●FAX:0551−22−7314
 ●メール:
workhome@maple.ocn.ne.jp 

 協会理事会の様子

沿革の部

 昭和57年8月5日 山梨県肢体不自由児者父母の会連合会が中心となって「社会福祉法人 山梨県身体障害者援護協会」 設立認可
 昭和57年9月3日 法人登記 初代理事長 高野孫左ヱ門
 昭和57年10月2日 重度身体障害者授産施設 建設起工
 昭和57年10月12日 山梨県立あさひワークホームを当法人に管理委託
 昭和58年5月1日 山梨県立あさひワークホーム 開所
 昭和60年3月26日 第2作業棟(63u)竣工
 昭和61年4月11日 創立3周年記念式典
 昭和61年10月11日 昭和天皇陛下行幸(作業に取組む利用者を激励)
 昭和62年5月17日 「第1回そよかぜコンサート」を開催(福祉施設地域交流事業)
 昭和63年9月1日 通所事業併設(定員5名)
 平成3年4月1日 通所定員10名に増員
 平成4年3月31日 第1作業棟増築(北東部21u)
 平成4年11月1日 第1作業棟増築(北西部42u)
 平成5年3月31日 敷地内そよかぜ広場に、屋根付野外ステージ建設
 平成5年5月17日 創立10周年記念式典
 平成6年3月31日 機能回復訓練室、ショートステイ居室竣工(69.48u)
 平成6年7月1日 ショートステイ(短期保護)事業開始(定員3名)
 平成8年4月29日 「第10回記念そよかぜコンサート」西城秀樹を迎え開催
 平成9年10月1日 通所定員15名に増員
 平成10年8月1日 浄化槽改修
 平成11年8月1日 施設の公式ホームページ開設
 平成11年11月30日 「地域福祉セミナー」辛 淑玉さんを迎え主催する
 平成12年12月20日 創立3周年記念時に埋めたタイムカプセルを開ける
 平成13年6月1日 第1作業棟南側に物品搬出入用屋根設置
 平成14年11月9日 浄化槽改修
 平成15年3月10日 山梨県による大規模改修(屋上防水・厨房床壁塗装・廊下壁塗装・食堂クロス張替・外壁塗装)
 平成15年4月1日 施設種別が重度身体障害者授産施設から身体障害者授産施設に変更
 平成15年5月1日 創立20周年 記念誌発行
 平成17年1月1日 通所定員19名に増員
 平成17年3月31日 作業用トラック搬入出ヤード設置

 ←入所者居住棟(グラウンドより)